イントラネット (Intranet) とは



インターネット(Internet)と比較して、イントラネット (Intranet) という
言葉を耳にするようになった。インターネットは、世界的規模の、
開かれた(オープンな)通信ネットワークのことで、
そのインターネットに対して、企業やグループなどの間だけで行う
小さめな閉ざされた通信ネットワークのことを指す。
小さく閉ざされているとはいえ、


1、物理的には誰でもアクセス可能なインターネット等を利用し、
セキュリティを確保して、(仮想的に)企業・グループ内だけで
通信を行えるようにしているもの
2、契約者やグループのみでアクセスが限られている回線である専用線を
契約・利用して通信を行えるようにしているもの
に分けられる。
一般的に専用線を用いるケースの方がコストが高くなる傾向が高いが、
セキュリティは強くなる傾向も高い。

About intranet (Intranet)



As compared with the Internet (Internet),
it came to hear the word "intranet (Intranet)."
The Internet is the communication network (it is open) by which
the global scale was opened, and points out the
shut smallish communication network which is performed only
between a company, a group, etc. to the Internet.
Although shut small, use for 1 and a physical target the Internet etc.
which anyone can access, and it secures security,
(virtually) It is divided into the thing 2 which
enables it to communicate only in an enterprise group,
and the thing which enables it to contract and
communicate only in a contractor or a group using the
dedicated line which is a circuit to which access is restricted.
Although the tendency for cost to become high generally
in the direction of the case using a dedicated line is high,
the tendency of security which becomes strong is also high.

ページのトップへ戻る