DNS(Domain Name System,ドメインネームシステム)とは?


DNSはDomain Name Systemの略で、
インターネットで通信を行う上で便利なシステムです。
インターネットで通信を行うためには、どこからどこへ
通信を行うのかを定めるための、住所にあたる、
IPアドレスが(インターネット上では)重複しないように
管理されていますが、IPアドレスは番号とピリオドで
つながれた番号なので、覚えにくいものとなっています。
この単なる数字の羅列を、英数字を用いて覚えやすいように
ドメイン名が使われるようになりました。
IPアドレス(IPv4アドレス)の例では、183.79.75.234などと
いったもので、ドメイン名はwww.yahoo.co.jpといった感じです。
一般的にドメイン名のほうが覚えやすいのです。

このIPアドレスとドメインの対応、
www.yahoo.co.jp=183.79.75.234
を管理するシステムが、DNSドメインネームシステムです。
また、DNSを提供するコンピューターをDNSサーバーと呼びます。

About DNS?



DNS is the abbreviation for Domain Name System, and when it communicates on the Internet, it is a useful system.
In order to communicate on the Internet, are managed so that the IP address for, defining where it communicates from to where which hits an address may not overlap (on the Internet), but Since IP addresses are a number and the number connected by the period, it is hard to memorize.
A domain name came to be used so that it may be easy to memorize enumeration of this mere number using an alphanumeric character.
In the example of an IP address (IPv four address), it is 183.79.75.234 etc. and a domain name is touch called www.yahoo.co.jp.
Generally it is easy to memorize the way of a domain name.
Correspondence of this IP address and a domain,
The system which manages www.yahoo.co.jp=183.79.75.234 is a DNS domain name system.
Moreover, the computer which offers DNS is called a DNS server.

ページのトップへ戻る